Pocket

ジャズヴォーカルアライアンスジャパンでは、こまば音庵さんのご協力のもと、2018年よりオンライン発音講座をスタートいたします!!

「発音を集中的に徹底的に直してしまいたい!」「もう発音のことで悩みたくない!」「スキャットをし始めたら英語と日本語で歌うのは違うことに気づいたが発音と発声の関係がわからない」「トップクラスのアーティストは発音をどう学んでいるのか知りたい」「レコーディングに耐えうる(いつどこで誰に聴いていただいても伝わる)発音力を身に付けたい」というみなさんからのご要望にお応えします!

英語発音トレーナー Yuriこと中島(木村)小百合(なかじまさゆり)のオンライン発音講座とは?

英語発音は筋トレに似ている!?

ジャズヴォーカリストのための英語発音筋トレ講座は「英語は体育」をモットーとする英語発音塾、こまば音庵のヴォーカリスト向け発声・発音トレーニング講座を基礎にデザインされています。

発声と発音を同時に学ぶことで、ジャズヴォーカルの語りかけるような声の音色と自然な英語発音がより効率よく身につきます。

発音練習はスキャット練習と通じるところが多く、時間をかけて取り組むことで、スキャット・シンギングの上達も期待できます。

ヴォーカリストが英語発音を学ぶメリット

楽器奏者が音の出し方とフィンガリングを学ぶように、ヴォーカリストは発声と英語発音を

  1. 子音の発音に必要な、力強く安定した呼吸方法と息の使い方をマスターすることで、歌唱時にピッチ・リズム・音量のコントロール能力が向上
  2. 5つのあいまい母音に不可欠な唇、あご、舌のリラックス感を習得すると、共鳴音(発声器官・鼻腔・のど・口腔)が広く使え、声の響きが良くなる
  3. 正確な発音で歌えると、発声に必要な筋肉(舌根・口蓋垂・舌骨周辺の筋肉群)が声作りに集中できるため、楽器としての声の音色がクリアになる

曲に込められた想いを伝える器として、ジャズの根幹を流れる文化に触れるきっかけとして、情熱と敬意を持って英語と音楽に向き合う機会を提供いたします!

レッスンはYuri先生のレクチャーだけでなく、講義時間中に実際にみなさんに体を動かしていただきトレーニングしながら習得していくスタイルです。”授業を受けているだけ”にならないよう、様々な工夫を凝らし、実際にやってみる機会を作ることで着実にみなさんの成長をサポートします!

講師:Yuri – 木村 小百合 (きむらさゆり)

プロフィール

アメリカ英語発音講師、音楽通訳

学習院大学文学部哲学科を卒業後、渡米。3年半の滞在でTOEIC970点の英語力を取得し、バークリー音楽大学(Berklee College of Music)パフォーマンス学科、ヴォーカル専攻(Performance Major, Voice Principal)で卒業。在学中から音楽と英語、発声と発音の深いつながりに興味を持ち、特に日本語を母国語に持つ日本人固有の発声、発音、話し方の傾向を研究。日本人が「通じる英語」を喋るために必要な「筋肉」「耳」「脳」の3つを総合的に鍛えるトレーニング法を考案し、えいご発音塾 こまば音庵で指導する。

安心して学べる環境を提供するためクライアントの希望に応じてNDA(秘密保持契約)を結び、レッスン中の話題や情報のすべてについて秘密の厳守を徹底。CM作曲家、メジャー歌手、ドラマ俳優、上場会社役員、通訳、英語講師などから厚い信頼を得ている。

カリキュラム

全5回 x 各120分の講座を定員20名限定のグループレッスンで開講いたします。
講座はすべてオンラインで行われます。PCかタブレット端末で受講してください。

*日時は変更になる可能性がございます。ご了承ください。

全5回のシリーズでお届けするオンライン講座ですが、欠席された方には後日フォローアップのビデオレクチャーをご覧いただくことができます。

第1回: 2018年4月8日(日) 10:00-12:00

発声と発音の仕組み

  • 発声の3つのプロセス(発生、振動、共鳴)、発音に必要な部位(唇、あご、舌、口の中の空間)の確認
  • ウォームアップ・ルーティーン(呼吸、上半身と首からあご周りのストレッチ&エクササイズ)
  • 地声と裏声の関係と、ジャズで求められる声のクオリティ(力強さ<正確さ、自由度、引き出しの多さ)
  • 主要アメリカ英語子音22個、あいまい母音5個の紹介
  • カタカナ(ローマ字)と英語(アルファベット)で変わる、音の数え方

第2回: 2018年5月6日(日) 10:00-12:00

子音①

  • 子音は息のつくる音。唇、あご、舌を使って息の流れを遮ることで出る。短く強い発音を心がける。
  • 舌先でつくる発音(L,T,D,R,M)、舌根でつくる発音(K,G,NG)、唇で作る発音(H,M,B,P,W)
  • ビジュアライズ(カタカナを見て発音を推測するエクササイズ)
  • 最小対(leadとreadのように、比較対象となるLとR以外の発音は全て同じ単語のペア)
  • 単語の冒頭/中間/末尾に現れるそれぞれの発音を練習
  • それぞれの発音の入ったフレーズを使い、ピットリズムのついた状態で英語発音ボイトレ

第3回: 2018年5月13日(日) 10:00-12:00

子音②

  • 歯と舌でつくる発音(F,V,S,Z,TH2種類)、唇と舌でつくる発音(CH,SH,J)
  • 最小対:F&H, V&B, TH(無声)&S, TH(有声)&Z, SH&S, (J&Z)

第4回: 2018年6月10日(日) 10:00-12:00

母音①

  • 日本語の母音は硬くて正解ゾーンが狭い、アメリカの英語の母音は柔らかく正解ゾーンが広い
  • 辞書によって、国によって、地域によって、人によって、母音の発音は違う
  • 裏あいうえお(ɔ,ɪ,ʊ,æ)を見つける(クラスを2つのグループに分け、第4回・5回で個別指導)
  • 裏あいうえおを使った英語発音ボイトレ
  • 大事なのは「同じ発音を常に同じ音で再現する能力」
  • 4種類の音読(お経読み、昔話読み、リズム読み、アカペラ読み)

第5回: 2018年6月24日(日) 10:00-12:00

母音②

  • 裏あいうえお(ə)の見つけ方(クラスを2つのグループに分け、第4回・5回で個別指導)
  • 最終的には全ての母音をə(最もリラックスした母音)の形で出す→最大限の声の響きに

 

参考:裏あいうえおとは?

えいご発音塾こまば音庵オリジナルのアメリカ英語母音練習法。

アメリカ英語特有のあいまい母音5種類(ɔ,ɪ,ʊ,æ,ə)を日本語便の発音を使って見つけていく。

例えばæのあいまい母音を見つける時には「あ」の発音を長く伸ばし、そのまま息も声も止めず滑らかに「え」の発音に移行させ、その中間地点にある「æ」の音を講師が特定する。

 

受講料

40000円 (1回8000円×全5回)

一括払い・口座振込、または、JVAJのチケットシステムをご利用ください。

お振込の初回の期限は3/24(土)を予定しています。詳細はウェブ上のクラスルームにてご案内いたします。

キャンセルポリシー

受講料をお支払いいただいた後にキャンセルが発生した場合、以下のようになります。

●2018年3月24日までにキャンセルされた場合
手数料1000円を引いた金額の50%を銀行振り込みにて返金致します。

●2018年3月25日~当日にキャンセルされた場合
申し訳ございませんが、返金はございません。ご了承ください。

※万が一のことではありますが、諸事情によりイベントが行えないとJVAJが判断した場合は、中止、あるいは延期させていただく場合があります。

※全5回のシリーズでお届けする講座ですが、欠席された方には後日フォローアップのビデオレクチャーをご覧いただくことができます。

お支払い方法

お得なチケットシステムをご用意いたしました♪

定期的にレクチャーやイベントにご参加くださる方は、受講チケット購入がとってもお得です!書籍購入以外、全てのJVAJのレクチャー、イベント時にご利用いただけます。(有料会員の会費も対象となります)ご利用ください。(イベントの申し込みフォームにチケットご購入の欄がありますので、そちらをお選び下さい)

チケット購入価格 実際にお支払いに使える金額 有効期限
30000円 30500円 (500円分をプレゼント!!) ご購入日より半年間
60000円 62000円 (2000円分をプレゼント!!) ご購入日より1年間
90000円 94000円 (4000円分をプレゼント!!) ご購入日より1年間

お申し込み:2018年3月1日(木)受付開始!

1. 申し込む (定員20名集まり次第受付終了いたします)

申し込みフォームより、必要事項を入力し送信してください。

2. 先生と生徒、JVAJスタッフをつなぐインターネット上のクラスルームをご案内

3. 受講料のお支払い→入金確認を持って受講確定

* JVAJのオンライン講座が初めての方は、Zoomの接続チェックをします。テクニカルサポート担当者が丁寧にご説明しますので、パソコンやインターネットに苦手意識がある方も遠慮なくご相談ください。

※すぐに満席になってしまうJVAJの人気講座を有料会員の方は優先的にご受講いただくことができます

有料会員のお申し込みはこちらのページからお願いいたします。
https://jazzvocalalliance.com/post_lp/jazz-vocal-alliance-japan-membership/