Luciana Souza (ルシアーナ・ソウザ) 『ブラジリアンミュージック101(ワン・オー・ワン)』オンラインマスタークラス2021!

Pocket

新年あけましておめでとうございます!

コロナウイルスのパンデミックに翻弄される日々が続いています。一日でも早く収束すること、また皆さんと楽しく歌える日が来ることを願う毎日です。

そんな中、昨年のJVAJはこれまでの経験を元にオンライン中心で活動を継続してきました。コロナ禍においては、ステージ数はどうしても減ってしまいますが、歌が大好きな想いは引き続き大切に温めて行きましょう!私たちは今年もわくわくするような企画を継続して参ります。

このような活動が継続できるのは、言うまでもなく参加してくださる皆様のおかげです。

スタッフ一同、心から感謝の気持ちをお伝えするとともに、2021年が皆様にとって良い1年となりますようお祈りいたします。

活動開始から6年目を迎えたジャズヴォーカルアライアンスジャパンを、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

JVAJ代表 メイ・オキタ 副代表 林トモコ

 

さて、2021年最初のイベントのご案内です。

ブラジルはサンパウロ生まれで、現在はロサンゼルスを拠点に活躍するグラミー受賞シンガーのルシアーナ・ソウザさんをお迎えして『ブラジリアンミュージック101(ワン・オー・ワン)』というオンライン講座を行います。

これまでなんとなくボサノバを歌っていませんでしたか?

101(ワン・オー・ワン)というのは、基礎講座、あるいは「誰もが通る道」という意味を持ちます。

今回の講師は、ネイティブならではのブラジリアンミュージック、ブラジリアンとジャズの融合、作詞作曲など、幅広くしかも非常に高いクオリティーで活躍し、アメリカのジャズシーンを第一線で牽引するルシアーナさん。

ボサノバとは?ブラジリアンミュージックをどう学んでいけば良いか?おすすめの曲は?など、なかなか体系的に学ぶ機会がないけれども大切な、基礎を学べる講座を企画いたしました。

この講座では、昨年、米国UCLAやマサチューセッツ工科大学、バークリーなどで行われた様々なワークショップから、そのエッセンスを凝縮した内容を2時間たっぷり教えていただきます。

普段、世界中を演奏活動で旅されている彼女にこうして教えていただける機会はとても貴重です。

今回限りの超おすすめ講座です!!!是非ご参加ください♪

 

日時:2021年2月14日(日) 10:00〜12:00 

講師:ルシアーナ・ソウザ
テクニカルサポート:林 トモコ
企画・ファシリテート・日本語同時通訳:メイ・オキタ

※10名以上の受講者が集まらない場合は、開講されない可能性があります。ご了承ください。

受講費・プラン

①当日ライブ受講(+終了後ビデオで復習可) 有料会員8000円、非会員10000円
②後日ビデオ聴講 10000円

Zoomのセットアップなどサポートが必要な方は登録の際に、オプションでお申し込みいただくか、後日ビデオ受講をお選びください。

受講に必要なもの

  • パソコン(カメラマイク付き)もしくは、スマートフォン、iPadなどのタブレット端末いずれか

どれか1つあればZoomで受講可能です。いずれの機材もカメラ、マイクが問題なく使えることをご確認ください。

  • wi-fi環境

ご自宅のwi-fi環境が安定していることをご確認ください。不安定な場合、途中でご覧いただけなくなることがあります。

申し込み方法

2021年1月8日(金)より受付開始!

以下のフォームに必要事項をご入力、ご送信ください。

※外部リンクでGoogleフォームを使用しています。スタッフがフォームの内容を確認してご連絡を差し上げます。
「フォームが届きました」というメールはお出ししませんので、お待ちください。

※10名以上の受講者が集まらない場合は、開講されない可能性があります。ご了承ください。

お支払い(振込)を確認した時点で、受講確定となります。

キャンセルポリシーと注意事項

受講料をお支払いいただいた後にキャンセルが発生した場合、以下のようになります。

●開催日14日前までにキャンセルされた場合 (1/31までのキャンセル)
手数料1000円を引いた金額の50%を銀行振り込みにて返金致します。

●開催日13日前~当日までにキャンセルされた場合 (2/1以後のキャンセル)
申し訳ございませんが、返金はございません。ご了承ください。

●領収書につきましては金融機関への振込依頼書・払込受領書をもって領収書に代えさせていただきます。
(税務署で認められている正式な領収書となります。)

注意事項:

●講座の録画は先生の著作権保護の観点より禁止されております。各自で音声を録音していただくことは問題ありませんが、ご自身の学習のためだけにお使いください。
●当日何らかのトラブルなどによりリアルタイムで受講ができなかった方は後ほど専用ページにてビデオを聴講していただくことができます。

※万が一のことではありますが、諸事情によりイベントが行えないとJVAJが判断した場合は、中止、あるいは延期させていただく場合があります。ご了承ください。

講師 Luciana Souza (ルシアーナ・ソウザ) さんについて

Luciana Souza (ルシアーナ・ソウザ) バイオグラフィー

ルシアーナ・ソウザはグラミー受賞者であり、ジャズを牽引するシンガー、演奏家である。

ブラジル、サンパウロ出身。ルシアーナの父親はシンガー・ソングライター、母親は詩人で作詞家という、ボサノバの先駆者である二人のもと音楽一家に育った。

パフォーマーとして、音楽のスタイルという境界を超え、ジャズに確固たるルーツを持ちながらも洗練された形でワールドミュージックを受け継いでおり、また新しい音楽へのアプローチにも精通しており、卓越した実力を持っている。

リーダー作としては2002年より6つのグラミーノミネート作品(Brazilian Duos, North and South, Duos II, Tide, Duos III, and The Book of Chet)を発表。ユニバーサルからのデビュー作 “The New Bossa Nova”は夫であるLarry Kleinがプロデュースを手掛け、 幅広く批評家から評価を得た。詩をベースとした2つの作品には”The Poems of Elizabeth Bishop And Other Songs” “Neruda”がある。2015年リリースの”Speaking in Tongues”はニューヨーク・タイムズ誌が“ルシアーナ・ソウザは声を共感と親密さを表現する楽器のように、文化の継承や詩の世界を説明するかのように操り、歌詞のない楽曲を最大の表現力で歌っている”と称した。ソウザはジャズの大家であるHerbie Hancock(Grammy winning record, River – The Joni Letters)やPaul Simon, James Taylor, Bobby McFerrin, Maria Schneider, Danilo Perezらのレコーディングにも参加。ブラジリアンのギタリスト Romero Lubambo との長期にわたるデュオ活動では世界各国で称賛を受け、サイドシンガーとしての録音は60作品以上にわたる。

ルシアーナの歌唱は”卓越している””完璧である””唯一無二”などと言われており、Entertainment Weeklyには”彼女の声は境界線のない感情をなぞるよう”と、そして弦楽器を含むアンサンブル”A Far Cry”はBoston Globeに”彼女のパフォーマンスは美しいという表現を超越したものである。慰めでもあり、究極のものが持つ雰囲気を誠実に表現している”と評された。ルシアーナは作曲家Osvaldo Golijovの”La Pasion According to St. Mark””Oceana”の2作品において、ソロイストとしても卓越した演奏をしている。Bach Akademie Stuttgartやthe Boston Symphony Orchestra、Brooklyn Philharmonicのと活動のみでなくオーケストラではその他にもNew York PhilharmonicやAtlanta Symphony、Los Angeles Philharmonic、Los Angeles Chamber Orchestra、American Composers Orchestraなどとも共演した。

弦楽器との共演では、Los Angeles Guitar Quartetや作曲家のDerek Bermel、Patrick Zimmerli、The Blue Hourの5人の作曲家Rachel Grimes、Angelica Negrón、Shara Nova、Caroline Shaw、Sarah Kirkland Snyderらの楽曲にCarolyn Forchéによる詩をのせ、実りの多い活動を行ってきた。

ソウザはラジオのコマーシャルで3歳のころからレコーディングのキャリアをスタート。200以上のジングルやサウンドトラックを収録しており16歳のころにはファーストコールのベテランとなっていた。ジャズの作曲の学士号を取得した母校であるボストンのバークリー音大では4年間教官を務めた。ジャズ・スタディの修士号はニューイングランド音楽院で取得。世界中でマスタークラスを行い後進の指導に当たっている。2005年から2010年にかけてルシアーナは名誉あるSan Francisco Performancesという団体のレジデント・ジャズアーティストを務め、Jazz Journalists AssociationsのBest Female Jazz Singer賞を受賞。ビルボード・マガジンで“ルシアーナはジャンルをナチュラルに超えて人々を魅了するユニークなアーティストである。彼女の音楽では、感情の豊かな表現にとどまらず、物思いに浸るような悲哀やロマンティックな切望、喜びに満ちた称賛を聴くことができる”と高い評価を受けた。

インタビューもぜひお読みください♪

ルシアーナ・ソウザ インタビュー:https://jazzvocalalliance.com/luciana-souza-interview/

有料会員システム

有料会員のみなさまだけの特典をご用意しております。

会員システムの詳細はこちらをご覧ください。

※外部リンクでGoogleフォームを使用しています。フォームの誤入力内容を確認でき次第、スタッフがご連絡を差し上げます。ただし「フォームが届きました」というメールはお出ししませんので、お待ちください。

会員システムへのご登録方法

有料会員/無料会員をお選びいただき、以下のフォームよりお申し込みください!

※外部リンクでGoogleフォームを使用しています。フォームをお送りいただいてから平日3営業日以内にご連絡を差し上げますが「フォームが届きました」というメールはお出ししませんので、お待ちください。

有料会員をご希望の方には、追って詳細をご連絡差し上げます。
無料会員をご希望の方は自動的にニュースレターに登録されます。

Jazz Vocal Alliance Japanの非公開フェイスブックグループでは、登録をしてくださったシンガーのみなさんのみに、いち早くワークショップや今回のような企画のご案内をしたり、みなさんが安心して情報交換をできる環境を整えています。

シンガー・ヴォーカリストさんで非公開Facebookグループへの参加をご希望の方は、上記のフォームよりご自身のフェイスブック名とページURLをご連絡ください。管理人よりフェイスブックグループのご案内を差し上げます。

書籍販売

これまで講座で使用するテキストの購入方法などお問い合わせが多かった教材をJVAJでもお取り扱いすることとなりました。

ミシェル・ウィアー先生の著書もお取り扱いしております。有料会員様には特別価格でご案内しておりますのでどうぞご利用ください。

書籍販売ページ:https://jazzvocalalliance.com/bookshop/

YouTubeチャンネル

ジャズヴォーカルアライアンスジャパンのYouTubeチャンネルができました!

ぜひご登録ください♪

https://bit.ly/33KRZoX

Contact: お問い合わせ

お問い合わせはこちらのフォームからお願いいたします。

2/14のレクチャーについて等、内容を明示していただいた上でご質問などお寄せください。