新プロジェクト”ScatClass with Michele Weir”で、スキャットを学びたいジャズシンガー、ボーカリストを募集中!

Pocket

国際的なジャズヴォーカルエデュケーター、Michele Weir (ミシェル・ウィアー) 先生のレッスンを自宅で!

国際的なジャズヴォーカルエデュケーターのMichele Weir (ミシェル・ウィアー) 先生のグループレッスンをJVAJで行うこととなりました。

グーグル・ハングアウトを利用したテレビ電話でのレッスンなので、世界中どこにいても、自宅で学ぶことができます!!

Michele Weir

Michele Weir先生

Michele Weir (ミシェル・ウィアー) 先生はグラミー賞にノミネートされたこともあるPhil Mattson and the P.M. Singersのメンバーとして、またBobby Vintonのピアニストとして輝かしい活動実績があるトップアーティストです。

プロフェッショナルのヴォーカルジャズ・エデュケーターとして米国UCLAの准教授として教鞭をとりながら世界各地でのカンファレンスやワークショップで指導をしておられます。

Michele Weir (ミシェル・ウィアー) 先生の記事もご覧ください。
ミシェル・ウィアー (Michele Weir) : INTERVIEW
ジャズボーカリストのスキャット練習に役立つ教則本&アプリ特集 vol.1:Michele Weir

ミシェル先生のレッスンは、毎回、次にどのような練習をすれば前に進めるのかがクリアになり単発でもすごく効果がありますが、コンスタントに先生のアドバイスをいただき、インプロヴィゼーションに継続して取り組むことで、より効果が高まります。

世界中を飛び回って指導し続けるミシェル先生のレッスンは、既に指導者としてご活躍の先生方にも非常に参考になるものと考えています。

生徒さんにどのようにスキャットを教えたらよいか、彼女の本やアプリの使用法なども含め、大きなヒントを与えてくださるでしょう。

多忙なミシェル先生のレッスンを自宅(日本でも海外の方でもOK)で受けられるプロジェクトです。ぜひチェックしてください!

“ScatClass with Michele Weir”で学べること

ミシェル先生と一緒に、グーグルハングアウトを用いて以下のことに取り組みます。

  • シラブル&リズム(スキャットに必須の、英語独特のシラブルやリズムを習得します)
  • スキャッタビリティー“ScatAbility”(ミシェル先生が開発したiPhone/iPad)を用いた具体的な練習、使い方をマスターし、自分で日々取り組めるようにする
  • メロディック・エクササイズ(リックを歌う練習のみでなく、ストーリーを伝えるようなスキャットにしていくための方法を学ぶ)
  • ハーモニーやスケールを “Vocal Improvisation(ミシェル先生の著書、日本語版あり)”を用いて学ぶ
  • ジャズスタンダードで、実際にインプロヴィゼーションする

レッスンは必要に応じて日本語通訳と解説が入りますので、英語を勉強中の方にも英語でのレッスンにチャレンジしていただくことができます。

レッスン時期・レッスン費用・用意するもの等

  • 参加希望者が募集人数に達した時点で開講確定となります。

第1回目 2017年10月22日 午前10:00~11:30
*第1回目の受講希望者は、2017年9月10日、12:00(正午)より受付開始といたします。

→第1回10月22日のレッスンは満席となりました。
現在はウェイティングリストのみ受付しております。ご了承ください。
第2回の申込受付は後日詳細発表いたします。

第2回目 2017年11月5日 午前10:00~11:30 (日時が変更になる可能性があります)
第3回目 2017年12月3日 午前10:00~11:30 (日時が変更になる可能性があります)

  • 費用

参加者1名につき1回 6500円(単発レッスン)

  • 用意するもの

ScatAbility (iPhone/iPadのアプリ)をダウンロードし使えるようにしておくこと
Vocal Improvisation (日本語版でも英語版でも使用しやすい方をご用意ください)

※ScatAbilityのプラクティス・パックは必要に応じて追加購入していただく可能性があります。(Michele先生からレッスン前にどのトラックを使用するか、ご連絡いただくことになっています)

  • 申し込み、支払い、キャンセルについて

申し込みはemailまたは問い合わせフォームにて受付いたします。

第1回目(2017年10月22日10:00から)の受講をご希望の方は、9月10日正午より受付となりますので、以下のお問い合わせのページからScatClass受講希望と明記してお申し込みください。

先着順にご連絡を差し上げ、お支払い(振込)を確認した時点で、受講確定となります。

募集人数より多い申し込みがあった場合にはウェイティングリストに登録させていただき、キャンセルが出た場合には順番にご連絡を差し上げます。

お支払いは振り込みのみとさせていただきます。

レッスン料をお支払いいただいた後にキャンセルが発生した場合、以下のようになります。

●レッスン開催日7日前までにキャンセルされた場合
手数料1000円を引いた金額を銀行振り込みにて返金致します。

●レッスン開催日5日前~当日までにキャンセルされた場合
申し訳ございませんが、返金はございません。ご了承ください。

※万が一のことではありますが、キャンセルが多発し、レッスンが行えないとJVAJが判断した場合は、レッスンを中止、あるいは延期させていただく場合があります。

スキャッタビリティー“ScatAbility”

ミシェル先生が開発したiPhone, iPad用のアプリケーションです。”ScatClass with Michele Weir”のレッスンでも使用します。

日本語版の解説がリリースになりましたので、こちらをご覧ください。

iTuneで基本パッケージは無料ダウンロードできます。

Scatabilityhttps://itunes.apple.com/us/app/id966549564

ミシェル先生がこのアプリを使用してBuenos Aires International Jazz Festival でワークショップをされたときの様子はこちらからご覧いただけます。

https://youtu.be/ZhIAc0D8JtI

ヴォーカル・インプロヴィゼイション”Vocal Improvisation” (改訂版)

スキャットで歌うアドリブ練習 改訂版 ヴォーカルインプロヴィゼイション 【模範歌唱/マイナスワンCD付】
(画像をクリックするとAmazonにジャンプします)

ミシェル先生が書かれたこの教則本は、国際的にジャズヴォーカルの教育現場で使用されているテキストです。”ScatClass with Michele Weir”のレッスンでもこの教則本を使用していく予定です。

内容は、すべてのレベルのヴォーカリストのために編集されており、インプロヴィゼイションに必要な理論は、特に丁寧に分かりやすく書かれています。

 

Contact: お問い合わせ

“ScatClass with Michele Weir”のお問い合わせ、9月10日以降のお申し込みはこちらのフォームからお願いいたします。

 

歌い手の方専用の非公開Facebook Groupのご案内

このJazz Vocal Alliance Japanの非公開フェイスブックグループでは、登録をしてくださったシンガーのみなさんのみに、いち早くワークショップや今回のような企画のご案内をしたり、みなさんが安心して情報交換をできる環境を整えています。

シンガー・ヴォーカリストさんで非公開Facebookグループへの参加をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご自身のフェイスブック名とページURLをご連絡ください。管理人よりフェイスブックグループのご案内を差し上げます。