ホームページを作るための必要最低限の知識vol.2:超ビギナーさんにもわかりやすく解説します。

ホームページは自分で作ることができる

前回は「サーバ」と「ドメイン」についてお話しました。

まだの方はこちらからどうぞ→ホームページを作るための必要最低限の知識vol.1

今回はいよいよ「ホームページ制作の方法」をお伝えしていきたいと思います。

取得したサーバの上にページをアップしたらそれがあなたの「ホームページ」になります。それにはHTML、CSS等といった言語で書く必要があり、決まったルールで作る必要があります。

ホームページ制作会社で働いたことがあったり、Web制作の勉強をしたことがある人はそのルールを知っていますが、他のお仕事をしている方や、シンガーの皆さんはなかなか触れる機会がないですよね。

では、素人にはホームページが作れないのか、というと今はそうではありません。WordPress(ワードプレス)というブログのシステムを使うと、Webの知識がプロレベルでなくてもサイトを持つことができます。

ただ、何もわからなくても簡単にできる!とは言いません。ご自身でホームページを持つことは「お店を一件もつこと」と同じなので、わからないことは色々調べたり、時にはプロに頼ったり、という手間はかかると思っていただきたいです。

WordPress(ワードプレス)ってなに?

さて、「WordPress」という言葉が出てきましたが、ご存知でしょうか?
これをものすごく簡単に説明すると・・・

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ABOUTこの記事をかいた人

Tomoko Hayashi

WEBディレクター。ジャズシンガー。Mayさんの思いに共感し、Jazz Vocal Alliance Japanのウェブサイト作成や運営に関わっています。WEB業界での経験をジャズの世界でも生かし、ヴォーカリストにとって学びやすくハッピーな環境を作りたいと思っています。