パフォーマンスと学習の心理学 vol.3 :トップパフォーマーが行なっている練習法とは?

トップパフォーマーやどんどん上達する人は何をしているか?

前回は「マインドフル・プラクティス」すなわち目標に向かった、問題解決型の、解決策にフォーカスした練習というものがあります、とご紹介するところまで書きました。

パフォーマンス科学の領域では、”10年ルール”あるいは”1万時間の法則”と呼ばれているものがあるのをご存知ですか?

これは “対象がどんな領域であっても、専門家・プロのレベルに達するためには10年、あるいは1万時間の「マインドフル・プラクティス」つまり、よく考えられた、計画的な練習が必要であると言われている” というお話です。

ミュージシャンにおいては、ワールドクラスのレベルを目指すなら15年から25年が必要とされています。

今日はさらにそのマインドフル・プラクティスを掘り下げていきますね!

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について